IT×MYTHING

IT関連技術や自分の好きなテーマについて紹介するブログです!

Google Analyticsのプロパティ削除方法

Google Analytics プロパティの削除方法

Google Analytics プロパティの削除方法

こんにちは。

Googleアナリティクスでプロパティの削除方法についてわからなかったので、調べてみました。

プロパティはアナリティクスの登録したドメインの表示単位です。例えば、設定したものの誤って作ってしまった時、もう不要なので消したいという時などにプロパティの削除を行います。

操作方法としては、画面のクリックが主なので難しい操作はありません。以下にプロパティの削除方法を説明していきます!

目次

 

1. まず、Google Analyticsにアクセス

https://analytics.google.com/にアクセスします。

※この記事にたどり着いた方なら大丈夫だとは思いますが、アカウントを持っていることが大前提になります。

2. 左下の「管理」をクリック

画面の左下に「⚙管理」というボタンがありますので、クリックします。画像内の赤枠の部分をクリックして下さい。

GoogleAnalytics - 管理

GoogleAnalytics - 管理

3. 削除したいプロパティを選択

「⚙管理」をクリックすると左から順番に「アカウント」「プロパティ」という順番に表示されます。削除したいプロパティを持つアカウントをクリックした後、削除したいプロパティをクリックします。

GoogleAnalytics - プロパティの選択

GoogleAnalytics - プロパティの選択

4. 「プロパティ設定」をクリック

プロパティをクリックすると、下記のような画面になるので「プロパティ設定」をクリックします。

GoogleAnalytics - プロパティ設定をクリック

GoogleAnalytics - プロパティ設定をクリック

5. 右上の「ゴミ箱に移動」をクリック

「プロパティ設定」をクリックすると様々項目を設定できる画面が表示されます。表示されたら、画像内の赤枠の部分の「ゴミ箱に移動」をクリックします。

GoogleAnalytics - ゴミ箱に移動

GoogleAnalytics - ゴミ箱に移動

6. 「プロパティを削除」をクリック

最後に、確認画面が出ますので、「プロパティを削除」のボタンをクリックします。

GoogleAnalytics - プロパティ削除

GoogleAnalytics - プロパティ削除

7. 削除したプロパティが「blog」となっていることを確認

削除が問題なく完了していたら、画像のように消したプロパティの文字の部分に取り消し線がかかっています。この状態になっていたら、削除は完了です!

GoogleAnalytics - 削除の確認

GoogleAnalytics - 削除の確認

※最後の画像では「blog」となっていますが、35日以内一定期間であればゴミ箱から復活できるようです!念の為、削除してしまったプロパティの復活手順を書いていきます。

1. 「設定」を押す

ゴミ箱は、「⚙設定」を押した後に表示される画面のアカウントの列の一番下に表示されます。

2. アカウントの「ゴミ箱」からプロパティを復活

「ゴミ箱」をクリックすると下の画像のように、削除されたプロパティが表示されるので、削除したいプロパティにチェックを入れて、元に戻すボタンをクリックすれば削除したプロパティを復活させることが出来ます。

GoogleAnalytics - 元に戻す

GoogleAnalytics - 元に戻す

 

今回は以上になります。無料で使えてしまうGoogle Analyticsですが、いろんな機能がありいろんな分析に使えるので、是非活用していきたいですね!

 

良いAnalyticsライフを。。。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事の画像は以下のサイトで、スクリーンショットを取得し、加工したものです。

https://analytics.google.com/